世の中には様々なワークスタイルがあります。
私もこの歳になるまでいろいろなワークスタイルをとってきました。

正社員、一番収入が安定していた。
新入社員のときでも手取り25万円くらいだったかな。
ほんと、正社員の道はたやすく手放してはいけないと思う今日この頃。
手放すと再就職は年数が経てば経つほど難しくなる。
私は結婚退職するまではこのスタイルで働いてました。
しかし、結婚して一旦退職してしまい、その上子供ができると
再就職をしばらくあきらめなくてはいけない。で、再就職は無理とあきらめてしまう。
そこで、子供を産み育てながらのワークスタイルとして選んだのがSOHOだった。
始めは近所の企業から仕事をアウトソーシングしてもらっていたが、
そのうちネット上でのネットグループに参加して仕事をもらうようになった。

SOHO&ネットグループ、レギュラーを取りずらいので収入は安定せず、
値崩れもあり、1か月の稼ぎはせいぜい1〜3万万円程度。

もともとは仲良しグループから始まっているためOJTが確立されていないうえ、
パワハラが横行しているので精神的にもキツイ。面と向かってないぶん、
ネット上のパワハラはこたえる、その上夫の理解得られず意外と離婚率も高いとか…。

SOHO&個人、WEB制作などは1本あたり高額だが、一人では限界。
デザイナーなど人脈が大切。またレギュラーがないと収入が安定しない。
営業も難しい。


契約社員&縁戚の会社、特に経営者が金に汚く、いかに社員に金を払わずこき使うかしか頭にない。
働き続け、がんばっても業績を上げても経営者がアホなので新規事業という博打に使われ、
業績悪化。固定給が決まっているにもかかわらず、
毎回勝手に振り込み金額を変更され、後で払うからという嘘に
振り回され家計が不安定になり精神的にも追い込まれた。
一生懸命やってもやってもヤル気を吸い取られる最悪のパターン。
口癖は中国では安い賃金で働かせ、安くで物が作れるからいい。日本はなんでも高くつく。
「一生中国に行ってら、帰ってくんな!ぼけ。」 的な気持ちになります。

教訓、給与はどんなことがあっても毎月決まった金額が支払われる会社がよい。
毎回自分だけが給与を全額払われないと精神的にも追い詰められる。理不尽極まりない。
売り上げに一番貢献したから、私が辞めて売り上げが1/3になったらしい。ハハハ…。

ネットワーカー&クラウドソーシング 、SOHO&ネットグループで働いていた時に比べて
とても精神的には働きやすい。 しかし、完全に値崩れが起こっているのでこれだけで生計を
立てるのはかなり難しい。実際に私は5千円/月程度である。時給換算したら、コンビニなど
外のアルバイトやパートの時給900円のほうが割は絶対いい。


アフェリエイト、とにかくコツがまだつかめず、200円未満/月。

ということで、5月より派遣社員として地道に働くことにしました。 (⌒_⌒;

ポチッとお願いします。m(._.)m
  


    にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村