ほっこりライフ&のんびりワーク

55歳にしてハケンの品格修行を始めました。
ただいま限りなく1型糖尿病の治療中。

アフィリエイト出戻り1年目。 ただいま、苦戦真っ只中。
派遣、アフィリエイト、ノマド、クラウドワーカー時々コーディネーターと色々やってます。休業中だけどインストラクター歴 約10年です。
Twiiter:https://twitter.com/samy_totoro
スポンサードリンク



style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
data-ad-client="ca-pub-5205964292682202"
data-ad-slot="9668182373">


おもうところがあって

アフィリエイトを出直しします!

本格的にアフィリエイトを再開して1年経った。

前半6ヶ月は再開するために独学しながら

ブログアフィリエイトを充実させた。

1.2005年から始めた楽天、アマゾンを再開。
楽天は、放置している10年間に
数回だけ数十ポイント〜数百ポイントの成果があり、
アクセス数は10年で3000だった。
そこからコツコツと記事を書きリンクをはり始め、
一年でアクセス数26000まで伸び、
成果も毎月数十ポイント〜数百ポイント 出るようになった。
アマゾンは楽天よりも2005年当時力を入れたけど
まったく成果をあげられず、自分の中で無理だな
というキモチが大きかった。
アマゾン用のブログは完全に更新がストップ。
しかし、数年ぶりにアクセス数を見てびっくり!
えーーーー!順位がついている。
あんなに一生懸命記事を書いていた時は番外で
順位は表示されていなかった。
しっかり順位ついているよ私。びっくり。
実はTwitterを初めていろいろと試した時期があり
そのひとつとして放置した アマゾン用のブログで
Twitterの連動を試していた。
 「ランキングは上位100,000件まで表示されます。」
つまり、 Twitterの連動するまえは
上位100,000件に入っていなかった。
現在は20,000 位前後をキープしている。
少しモチベーションが上がり(フッ単純だな私)アマゾンを本格的に開始。
累積で1500円くらいになった。

2.楽天とアマゾンが成果がではじめた。
そこで、実は2005年の同時期にASPとしてリンクシェアと提携していた。
しかし、提携したものの何をしていいかチンプンカンプン。、
アマゾンや楽天とは勝手が違うし、使い方がまったくもってわからない。
本業が忙しくなったから手をつけずに封印した。
それを掘り起こそうとしたがメールもなけれななんの情報も見つからない。
仕方なく再度申し込みをして提携した。
リンクシェア自体楽天に取り込まれていたし、あの頃より使いやすくなった。
それに、時間が十分あるので図書館でアフィリエイト本を借りまくり読み漁った。
それから、 A8.net 、バリューコマース、アクセストレード、アフェリエイトB
と提携していった。
AdSenseも申請したが、最初にメインのアカウントで登録、
1次審査は無難に通過した。1次審査を通過すると2次審査になる。
2次審査は実際に自分のブログに広告を貼り付けて審査が行われる。
この広告がメインのブログサイトと楽天ブログに貼り付けられないことが
判明。アセった。途方にくれた。
この2次審査合格までは広告の内容は表示されない。お先真っ暗。

3, しばらく途方にくれたが、広告を貼り付けられる無料のブログを調べた。
無料のブログは、会社のサイトのSEO対策のために
試験的に使っていたのを思い出し。その時のものを掘り起こした。
掘り起こしたのはいいがまったくアクセスがない。
これでは、2次審査合格できない。
さらに、各無料ブログへのサイドの広告の貼り方がまったく分からない。
ネットで調べてすでに提携しているASPの広告を貼り付けを試みた。
平行してブログのアクセス数を上げるため記事を書いた。
1ヶ月で200アクセス出たが一向にAdSenseの広告が表示されない。
200アクセスくらいだと2次審査合格しないのかなと思って途方にくれた。
4ヶ月当方にくれていた、一向に広告が表示されないので半ばあきらめてもいた。
ある日、もう一度メールを読み返してみようと思った。
そして、AdSenseのページに行った。
なんと広告の貼ったサイトのURLを指定しなくてはいけなかった と分かった。
するといとも簡単に広告が表示された。ホットした反面はぁ〜と溜息が出た。

4.本業があるのと副業を2つ抱えているのでとにかく時間が
とれない。すると、独学で時間だけが虚しく流れていく気づく。
楽天、アマゾン以外のASPでまったく成果がでない。
AdSenseも100円を突破しない。なぜだろうと毎日考える。
そんな日々が続き、9月は副業のノマドを立ち上げるので
アフェリエイトに時間がなかなか割けなかった。
すると当然成果が減った。
でも着目すべき点があった。ASPの表示回数が上がっている。
そう、それまでの私の反省すべき点。
あ〜〜〜、わかんない。
計画性もなんもなくアフィリエイトをやっていた。
実はいまもわからないことだらけである。
でも一歩進んだことは、まずは一から勉強し直そうと思い立ったこと。
そう私は下手にSEO対策を施した自社サイトで成果を上げていた実績がある。
だからアフィリエイトなんてすぐに稼げると過信していた。
でも結果は散々なものである。
でも、弱音を吐いている私に相方が初心に帰ることをアドバイスしてくれた。
成果はまだまだあがっていないけど改善は確実に数字に現れてきている。

わたし、面倒がらずにコツコツと!

【今回勉強のために購入した本


★10月10日に発売されたばかり!

★おすすめ本と紹介されていた

★題名が気に入って

鬼畜の所業

突然叔父の会社を追い出され1年。

相方がまず就職し、私が5月やっと就職した。

しかし、給与未払金260万円は未だに支払われない。

夫婦ふたり働いてもこの未払いの穴はどんどん広がる、

毎月催促をするがなんの連絡もない。

そこで、私に支払えないという理由のひとつの多額の借金を

N氏に返したか共同経営者だったおじさんに電話で聞いてみた。

するとN氏にまったく返す気がなく私たちに対する態度と同じらしい。

さもあらん。

さらにいろいろと話しているうちに

私が会社を追い出された理由が分かった。

会社の金を不正に中国に送金しプールしているのを

私が知りその証拠固めをするのを阻止するためだったらしい。

私はそんなのどうでも良かった、

会社を信頼して商品を買っていただいているお客様、取引先、

そして従業員に迷惑をかけないでくれと進言しただけだ。

まっとうに会社の金を使って欲しかっただけなのだ。

そのために稼いだ金であり、社長の道楽のために稼いだのではない。

例えば、会社を立て直しに全面的に協力してくれていた取引先のおじさんに

契約通りお金を支払うように何度も言った。

不正にプールした金を使えばそんなの簡単に支払えた。

何度も懇願したがそんなものはないの一点張りだった。

まっ、今回話しているうちにそれはちゃんと存在していると判明したけどね。

それを使えばN氏への借金だってちゃんと返せる。

実は電話で話していたおじさんがその協力してくれた人を叔父に紹介したのだ。

気になっていたので確認してみたらやっぱり未払いで

「あの会社はなんなんだ!」とかなりご立腹らしい。

ほんとうに申し訳ないと思う。

結局叔父親子は鬼畜なのだ。

「会社は整理する。客も取引先も従業員も知るか。」

それが一年前の叔父の答だった。

人の信頼を平気で裏切る性分はしっかり息子にも受け継がれている。

本当に嘆かわしい。

その昔会社が訴えられそうになりお金を貸してくれた親友にすら

金を返さず裁判沙汰になり、支払い命令をも無視し、

「あの死に損ないとっとと死にやがれ」と言いのける。

そして何千万の借金をと未だに返してもらえないN氏は

自分とはかかわりのない

係争中の会社の問題を押し付けられそうになったりと散々である。

(その係争中会社の件は結局は電話で話したおじさんが片付けたらしい。)

最近N氏は叔父のことを怒るのをしばらく止めるようにしているらしい

そう、身体に良くないからだ。

私も見習おうと思った。


 

「黒い感情」って嫌だな

うこそ、我が家へ が今週最終回だった。
特に興味深かったのが明日香さんの黒い感情。
「黒い感情につきうごかされ、復讐に走ってしまった私自身の物語である」
そう 、誰しもが黒い感情を持つ可能性があるということ。
 
うこそ、我が家へ の黒い感情の持ち主は
自分勝手でわがままな 、自分の勝手な思いで
人をおとしいれる人間だけではないと改めて考えさせられた。
かくゆう私も理不尽な目に遭い「黒い感情」をもっている。
 うこそ、我が家へ は誰しも 「黒い感情」を持ってしまう。
もしかしたら、
誰しもいけない行動にでてしまうかもしれない。 
しかし、理由がどうであれ結果としての行動は 同じくいけないことなのだ。
そのことに気づかしてくれる、あるいは止めてくれるのが
家族、友人なのだということだ。

とにかく最近は、
何が原因なのか、今の世の中ますます荒んで
「黒い感情」を持つ人が増え、
アメリカのような犯罪が増加しているような気がする。

ちょっと前に私もとても信頼していた部下のある態度で
なにか隠していると直感した。
そのときはその正体がなんなのか分からなかった。
そして、日に日に私に対して黒い感情であることを悟った。
それは私に対する彼女の妬みからだったかもしれないし…、
私が会社を辞めてすぐに彼女が横領で会社を辞めさせられたと噂に聞いた、
悪いことをしていることを必死に隠すためだったのかもしれない。

はるか昔入社したての頃はまだ世間知らずで
同じ会社の人間を疑うと言うことはゼロだった。
でも、長い社会勉強の中痛い目に何度か遭い。
同じ会社の人だからといって、
知り合いだからといって信じてはいけないと悟った。
いつどこで
「黒い感情」は生まれているか分からない。
本当に気をつけないければいけない…。

いつなんどき
「黒い感情」は生まれてくるか分からない。
「ようこそ、我が家へ」や「そして父になる」みたいに
人生が変わってしまうことだってある。
先日も妊婦さんが近所の男性に刺され亡くなった。
刺される理由がなかったと…ご冥福を祈りたい。

今の日本の政治が反映されいるんだろうか。
「黒い感情」生まれない平和な日本になってほしい。
 


.


ポチッとお願いします。m(._.)m
  

  
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
❤励みになります❤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

広告