ほっこりライフ&のんびりワーク

55歳にしてハケンの品格修行を始めました。
ただいま限りなく1型糖尿病の治療中。

アフィリエイト出戻り1年目。 ただいま、苦戦真っ只中。
派遣、アフィリエイト、ノマド、クラウドワーカー時々コーディネーターと色々やってます。休業中だけどインストラクター歴 約10年です。
Twiiter:https://twitter.com/samy_totoro
スポンサードリンク



style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
data-ad-client="ca-pub-5205964292682202"
data-ad-slot="9668182373">


仕事

生きている限りは自分の力で稼ぎ出したい


仕事をずっとし続けるには

私55歳、4月には56歳になります。

数十年前、大学を卒業して仕事に就いた。

教授の推薦だったからなんの苦労もなく就職した。

インターンで夏休みアルバイトした時に先輩のところにあいさついったら、そこの上司に「コネではいれていいねぇ」嫌味を言われたくらいであとは嫌なこともなく超有名な会社に就職した。

仕事をしていて嫌なことは、「仕事もできないのに、ちょっとカワイイだけでいいポジションについてる」と言われるのがとっても悔しかった。

だから、一生懸命勉強して仕事ができるようになりたかった。

しかし、その頃は正直、仕事ができるよりも容姿と若さで転職も順調にいったんだと思う。

昨年、久々に職を探した。

履歴にはそうそうたる会社名とそうそうたる職歴が並ぶ。

きっと、私は、ラクラクに職に就けた頃に比べるとうーーーんと仕事ができる人に成長した。

事実、ここ10ヶ月派遣で働いたけど、今までの経験は私を10ヶ月でスーパー派遣に押し上げた。

その結果、同じ部署で契約更新も取り付けることができた。

「仕事ができないのに・・・」の私はもういない。

しかし、そんな私は、実際に仕事に就くのにエライたいへんなのだ。

仕事はできるけど、56歳、容姿も劣ったただのおばさんはなかなか雇ってもらえない。

どうやら世の中は仕事がバリバリにできることだけでは仕事がもらえるわけではないと知った。

つい最近までは、どうしても就職したい母校の研究所に雇ってもらうために、やりたくもない職種に2回応募し、2回とも落とされた。 

1回目に落とされた時、あきらめて今の研究所で働くことになった。

母校で就こうとしていた仕事は、一般家庭を訪問して水を採集してくる仕事だった。

現在の仕事は研究補助だ。

どちらの仕事が自分にとって有益かといえば、現在の仕事のほうがずっと自分に合っていると思う。

とにかく、自分専用のパソコンがあり、得意のパソコンで仕事をこなすデスクワーク。

実際に、今やエクセルでマクロを組んで仕事をするレベルまでステップアップした。

研究内容も理解したうえで、いかに研究補助すればよいかも分かるようになった。

確かに、今でもパートでもいいから母校での分析の仕事に就きたいキモチはある。

相方からは、「年もとっているのにそんな危険な汚水の分析なんてなんでやりたいの」と言われた。

「どんな菌が混じっているか分からないんだよ、感染したらどうするの。

今の仕事のほうがずっと安全だし向いているんじゃない。 」

そうなんだよね、もう若くもないし、昔の夢だけを追って仕事に就くってどうよとも思い始めている。

今年の母校の仕事は庶務j全般での募集だった。みごとに落ちてしまったけどね。

その頃、ある方のブログを見て「やりたくもない仕事に就いてまで仕事をしたい?」にドキッとした。

またもや落とされてラッキーだったのかもしれない。

若ければ丁稚奉公してでも
就きたい仕事に就くというのはアリだが、そんな悠長なことは言えないお年頃なのだ。

最近は自分の心に余裕が生まれた。

昨年の今頃は、定職もなく、頭が夢だけでいっぱいで再就職に向かっていた。

今年は違う、定職があり、3月で契約切れるけど、更新を打診されているし、なにより、今の仕事が気に入っている。 

55歳からの職探し、若いころと同じスタンスじゃなく、自分を活かせる職場探しをじっくりしようと思う。

世相からか、私の職場にも60歳の派遣の方もいる。

年金もあてにできないし、生きている限りは自分の力でしっかり稼ぎ出せるようになりたい。 



定年退職後を考える

定年退職後の仕事をどうするの?

久々に新卒で働いた会社の先輩と同期と女子会を開いた。
私以外はみんな、働き続けたバリバリのキャリアウーマンだ。
あと3〜4年で定年を迎えるけどどうするって話になった。
先輩は、家で仕事をしていても、時間通りに起きて仕事ができると言った。
私と友達は、たぶん家族を送り出したら昼ごろまで寝てしまうだろうと言った。
先輩に昼まで寝ていられる生活っていいですよ、 一度自堕落な生活を送ってみるべきだとふたりで言った。
先輩曰く、休みの日も勿体無くて寝てられない。
平日と同じく朝早く起きて、ほとんど家にいないそうな。
で、定年退職後は仕事続けたいよね。
でも、何をすればいいんだろうという話になった。
集まったメンバーはみんなバリバリのITエンジニアだ。
でも、家で一人で稼ごうとすると結構難しいよねということに意見が一致した。
近頃のネットワーキングの値崩れはひどいから。
普通の給与を稼ぐには、いや、私のド派遣の給与もネットの仕事では稼げない。
だから、今のうちに人脈を作ってプロジェクトチームを 組めるようにしておいたほうがよいという話になった。
そう、ネット上で会社と同じように役割分担をできるように人を集める。
でも、みんな、まとめ役jはムリだなぁということでお開きになった。
でも、まだまだ定年まで時間は十分ある。
また、女子会で話は膨らむかもしれないし、定年退職後も楽しみかも。
私も、5年後はどうしているのかな。


背中を押してくれるものは…

転職のチャンスは逃しちゃいけない


働いているとアッという間に時は過ぎてしまう。



いつの頃か、定年で働けなくなるまでこの会社で
働き続けるのかなぁと漠然しとして考えていた。
とても嫌なことがあるけれど、
納得できないことばかりだけど我慢すれば…。
むなしさと不信感で満ちていた。
自分の夢を実現しようなんてキモチが起こらなかった。
いや、夢は持っていたけど
50過ぎたオバサンだからムリ とあきらめていた。
あまりにも理不尽なことが続き、堪忍袋の尾が切れてブラックの会社を辞めた。
きっとひどい目に遭わなかったら、ぬくぬくと仕事し続けていただろう。

精神的にはとても参ったけど、人生は一度きりだし、
55歳で放り出され目が冷めて、やっとやる気が起こった。
ピンチはチャンスというけど、今、私の人生の転機だ。
こんな歳だから、こんな私だから…そんなことはなかった。
もっと早く気がついて転職してれば良かったとさえ思う。
だから今回会社を辞めたことは、私の背中を押してくれた。
そして私はネットで仕事を探して、
現在研究所で研究補助の仕事をしている。
毎日がとても充実していて仕事が楽しい。
信頼できる仲間もできたし、なにより職場が居心地がとてもいい。
心おだやかに仕事ができる。
もし、転職で悩んでいるならネットで自分のしたい仕事を探すと良い。





ポチッとお願いします。m(._.)m
 
人気ブログランキングへ

  
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村 
スポンサードリンク
❤励みになります❤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

広告