ほっこりライフ&のんびりワーク

55歳にしてハケンの品格修行を始めました。
ただいま限りなく1型糖尿病の治療中。

アフィリエイト出戻り1年目。 ただいま、苦戦真っ只中。
派遣、アフィリエイト、ノマド、クラウドワーカー時々コーディネーターと色々やってます。休業中だけどインストラクター歴 約10年です。
Twiiter:https://twitter.com/samy_totoro
スポンサードリンク



style="display:inline-block;width:468px;height:15px"
data-ad-client="ca-pub-5205964292682202"
data-ad-slot="9668182373">


派遣

生きている限りは自分の力で稼ぎ出したい


仕事をずっとし続けるには

私55歳、4月には56歳になります。

数十年前、大学を卒業して仕事に就いた。

教授の推薦だったからなんの苦労もなく就職した。

インターンで夏休みアルバイトした時に先輩のところにあいさついったら、そこの上司に「コネではいれていいねぇ」嫌味を言われたくらいであとは嫌なこともなく超有名な会社に就職した。

仕事をしていて嫌なことは、「仕事もできないのに、ちょっとカワイイだけでいいポジションについてる」と言われるのがとっても悔しかった。

だから、一生懸命勉強して仕事ができるようになりたかった。

しかし、その頃は正直、仕事ができるよりも容姿と若さで転職も順調にいったんだと思う。

昨年、久々に職を探した。

履歴にはそうそうたる会社名とそうそうたる職歴が並ぶ。

きっと、私は、ラクラクに職に就けた頃に比べるとうーーーんと仕事ができる人に成長した。

事実、ここ10ヶ月派遣で働いたけど、今までの経験は私を10ヶ月でスーパー派遣に押し上げた。

その結果、同じ部署で契約更新も取り付けることができた。

「仕事ができないのに・・・」の私はもういない。

しかし、そんな私は、実際に仕事に就くのにエライたいへんなのだ。

仕事はできるけど、56歳、容姿も劣ったただのおばさんはなかなか雇ってもらえない。

どうやら世の中は仕事がバリバリにできることだけでは仕事がもらえるわけではないと知った。

つい最近までは、どうしても就職したい母校の研究所に雇ってもらうために、やりたくもない職種に2回応募し、2回とも落とされた。 

1回目に落とされた時、あきらめて今の研究所で働くことになった。

母校で就こうとしていた仕事は、一般家庭を訪問して水を採集してくる仕事だった。

現在の仕事は研究補助だ。

どちらの仕事が自分にとって有益かといえば、現在の仕事のほうがずっと自分に合っていると思う。

とにかく、自分専用のパソコンがあり、得意のパソコンで仕事をこなすデスクワーク。

実際に、今やエクセルでマクロを組んで仕事をするレベルまでステップアップした。

研究内容も理解したうえで、いかに研究補助すればよいかも分かるようになった。

確かに、今でもパートでもいいから母校での分析の仕事に就きたいキモチはある。

相方からは、「年もとっているのにそんな危険な汚水の分析なんてなんでやりたいの」と言われた。

「どんな菌が混じっているか分からないんだよ、感染したらどうするの。

今の仕事のほうがずっと安全だし向いているんじゃない。 」

そうなんだよね、もう若くもないし、昔の夢だけを追って仕事に就くってどうよとも思い始めている。

今年の母校の仕事は庶務j全般での募集だった。みごとに落ちてしまったけどね。

その頃、ある方のブログを見て「やりたくもない仕事に就いてまで仕事をしたい?」にドキッとした。

またもや落とされてラッキーだったのかもしれない。

若ければ丁稚奉公してでも
就きたい仕事に就くというのはアリだが、そんな悠長なことは言えないお年頃なのだ。

最近は自分の心に余裕が生まれた。

昨年の今頃は、定職もなく、頭が夢だけでいっぱいで再就職に向かっていた。

今年は違う、定職があり、3月で契約切れるけど、更新を打診されているし、なにより、今の仕事が気に入っている。 

55歳からの職探し、若いころと同じスタンスじゃなく、自分を活かせる職場探しをじっくりしようと思う。

世相からか、私の職場にも60歳の派遣の方もいる。

年金もあてにできないし、生きている限りは自分の力でしっかり稼ぎ出せるようになりたい。 



就活を開始したけどね…派遣に登録しておいて良かった

3月で派遣の契約が切れる、 そろそろ行動を起こさなくちゃということで、 ネットで募集状況を観ていたら、 なんと、昨年振られてしまった研究所で募集がかかった。




今度は一般事務だから、この9ヶ月ばっちり修業したから大丈夫と思った。
まず、担当者に電話連絡し、書類を送って、すぐに面接があった。
昨年は書類選考で落とされたから、いい感触と思った。
でもね、そんな経歴があってもね…単に庶務ができればいいんだよねって言われた。
一抹の不安がよぎるけど、大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせた。
結果、今回も不採用だった。
その昔、仕事ができすぎても就活に不利なことがあるってきいたことがあった。
自分にはまったく関係ないと思っていたけどね。
昨年も、もったいないからと採用を見送られた。今年も、同じことを言われてしまった。
でも、要するに今までの経歴をみると気軽に庶務として使えないってことで、 そんなオバサンより、若いお嬢さんのほうが使いやすいということだよね。
まっめげずに、もうひとつの本命の研究所に応募しようと思い、担当者に電話してみた。
こちらは、とても快く回答してくれた。やはり、派遣に登録しておいて良かった。
これでも、実は採用されなかったことにショックだったんだよね。
先回は確かに経験がない部門だったけど、今回は現在進行形で実務を積んでいたからね。
担当者から大丈夫ですよと言われてとても救われた。
さあ、私の次なる職場はどこになるんだろうな。



ハケンの民の声を集めよう!

カンファレンスバナー


人間初めてなにかを行うときは右も左も分からな。私は今年5月に55歳にして初めて派遣社員になった。

そもそもネットで仕事を探す場合、正社員かアルバイト&パートのいずれかだと思い込んでいた。だから、4月に仕事を探すときにまさか自分が派遣社員として働くとは思ってもみなかった。そうなんです、ネットで仕事を見つけて、登録してた時点ではパートだと思っていた。次の日電話連絡やら、メールやら急に入ってきた。電話で担当者と話すうちに、これって私に今まで縁がなかった派遣という雇用形態だとようやく理解した

 


転職サイトは去年の今頃、会社を辞めると心に決め、50代の自分は世の中的にどのくらい通用するか調べるために登録した。その前に、相方から履歴書を書くのにとても便利なツールが用意されているとも勧められていた。

年齢54歳の見ず知らずおばさんを企業は果たして検討してくれるのか?なしにろ、それまでのすべての会社はコネで入った。コネ無しで自分はどれくらい通用するか知りたかった。履歴および能力は十分にあるから、面接までこぎつければ大丈夫だという変な自信があった。しかし、不安要素はパートでは書類選考でおとされてしまうということ。そうなんです、年齢切だ。経験豊かなおじさんおばさんを若い衆が使いこなすにはちと荷が重いらしい。給与も高めに支払わなければいけない。そんなところで仕事のチャンスを奪われる。


実際に現在、ハケンで研究補助の仕事をしている。そんじょそこらのお嬢さんよりはITを使いこなせると思うわけです。ハケンの品格で言えば、可愛い新人の愛ちゃんよりベテランの春ちゃんのほうがずっと仕事ができる。でも、世の中は履歴書を見るときに生年月日しか見ない。あるいは、履歴がすごすぎてこんな仕事を依頼できない勝手に判断する。いずれにしても、土俵まで上げてもらえない。


例えば、私はカルディが大好きだからカルデイのパートに応募した。私は長年カスタマーサポートの仕事をし、インストラクター、臨床コーディネータの経験もあるので接客には全くの問題はないはずだ。面接もなしにいきなり不採用の烙印を押されるはずがないと今でも思う。しかし、現実は不採用通知が来た。同じくスタバも登録しているが一回も電話すらかかってこない。確かに老眼ではあるが、仕事に支障が出るほど悪く無い。極めつけはハローパソコン教室だ。インストラクター歴10年以上の私は書類で落とされた。ちなみに私の会社員時代を知っている知り合いの社長からはすぐにオファーがかかった。
 

ホワイ!ジャパニーズピープル!おかしだろう。何のために履歴書や職務経歴書を提出してんだよ。年齢しか見てないんだったら年齢を書かせる枠だけ作ればいいじゃん。で、プログラムである年齢以上はお仕事出せませんってメール飛ばせばいいじゃん。てか、最初から明記しろよー!明記したら労働基準に引っかかるんだろうけど。やってることは遅かれ早かれおんなじじゃん!!と、おばさんは怒り心頭なわけです。


で、ここで重要なのがハケン仲間の情報網。どこの派遣会社がいいの悪いのというハケンの声。だって、ほんとうに生情報はとても時間とお金の無駄をなくしてくれる。実際、40代でも派遣業界では年齢切りが横行している。

今の日本、どんどんリストラが進み、シニアだけでなく若い世代の就職難民も増え続けている。年金制度も崩壊しつつあり、ますます、シニアは自分たちの生活を守るために働かなければいけない時代である。 

 

 

スポンサードリンク
❤励みになります❤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

広告